風俗営業の許可取得後について

許可後の手続き(変更届)

風俗営業の許可取得後、軽微な変更事項が発生した場合、公安委員会に対して変更届を提出
しなければなりません。
深夜酒類提供飲食店や性風俗特殊営業を営まれている方も同様に変更届が必要になります。

変更内容によって、必要書類が異なりますので、ご相談ください。

【具体例】

・ 婚姻等による氏名が変更になった場合
・ 個人営業者の住所が変更した場合
・ 法人営業者の名称、所在地の変更があった場合
・ 法人営業者の役員の変更
・ 法人営業者の役員の住所変更
・ 営業所の管理者が住所を変更した場合
・ 営業所の管理者が交代した場合
・ 営業所の名称の変更をした場合


営業主の変更について

営業主が変更になる場合は、変更届ではなく、新たに許可を取り直さなければなりません。

風俗営業の許可は、「人(営業者)」営業所の場所」「営業所の構造」が要件に合致
していて始めて許可でます。ですので、この3つのどれかの要件が変更になった場合は、
許可の取り直しをしなければなりません。

深夜酒類提供飲食店や性風俗特殊営業を営まれている方も同様に「人(営業者)」
「営業所の場所」が変更になった場合は届出のやり直しになります。

風俗営業の許可を取り直さなければならないので、一定期間営業が停止してしまう期間が
生じてしまいます。
営業停止をしなければならないので、十分に計画を立ててスムーズに準備ができるように
しましょう。

また、営業主の変更の場合、飲食店許可等をお持ちなら、飲食店許可等も許可を取得
しなおさなければなりません。

当事務所にご相談頂ければ、最善のご提案をさせて頂きます。


廃業届について

風俗営業を廃業する場合は、廃業届を提出する必要があります。

正確には、風俗営業許可の場合は「返納理由書」、深夜酒類提供飲食店や性風俗特殊営業の
場合は「廃止届出書」を提出する必要があります。
この届出を提出しないと、義務違反になりますので、ご注意ください。

また、廃業届出を出さずに別の場所で風俗営業を行う際に不許可もしくは不受理になる可能性
もありまりますので、廃業する際は、きちんと廃業届を提出するようにしましょう。


次のページへ・・・風俗営業TOPへ

お問い合わせ