ガールズバー開業、深夜酒類提供飲食店、深夜営業許可

パブ、バー、ガールズバー、深夜営業(深夜酒類提供飲食店)ついて

バー(深夜酒類提供飲食店)
深夜(午前0時から日の出まで)に酒類を提供する飲食店です。
酒類を提供する際、客に接待する事はできません。

Barなどの深夜の時間帯にお酒を提供するお店は、管轄の警察署へ 届出
しなければなりません。

※深夜に営業するお店でお酒を主として提供しない場合は届出をする必要がありません。

※近年注目されている、ガールズバーは、深夜酒類提供飲食店に該当するケースが多く見受けられます。

ご注意ください。 接待行為を行うガールズバーは、摘発の対象になります。


深夜酒類提供飲食店営業の届出注意点

バー・ガールズバー届出をするにあたり、下記の基準をクリアしなければなりません。

 深夜酒類提供飲食店は、次のような点に注意します。

① 客室内部に1m以上の間仕切り等を設けないこと
② 客室内の明るさを調節する設備(調光器)を設けないこと
③ 客室の出入り口に施錠設備がないこと

上記のようなものが考えられますが、その他基準については、実際に
店内を確認の上、お知らせいたします。

・ 申請に必要な書類については ・・・ 必要書類ページへ
・ 申請に必要な図面については ・・・ 図面作成ページへ


深夜営業(バー・ガールズバー・ガールズ居酒屋)報酬・申請料について

深夜酒類提供飲食店(バー・ガールズバー等)

報酬  ¥ 80,000円~(税抜)
飲食店営業許可もあわせての場合  報酬 ¥100,000円~(税抜)

※1深夜酒類提供飲食店の届出には手数料はかかりません。
飲食店営業許可申請料18,300円が別途かかります。

※一部地域では、16,000円になります。

※2上記の他に証明書等の取得費用をご負担いただきます。


バー・ガールズバー・ガールズ居酒屋など開業に必要な日数について

深夜酒類提供飲食店を行う場合、管轄警察署に書類を届出してから10日後から開始できます。
つまり、書類の準備が出来次第、早く出せばその分早く開店できます。

届出の準備にが遅くなると、家賃を無駄に使ってしまうことになります。
当事務所へご依頼頂ければ、迅速に届出の準備をさせて頂きます。
お客様のご協力を頂けるなら、ご依頼から届出まで10日間も可能です。
(※住民票などの書類をお客様がご用意ください。)

 開業までの時間や労力をなるべく抑えるためにも風俗営業許可手続
専門の当事務所にお任せください。スピード対応致します。


バー・ガールズバー・ガールズ居酒屋 開業サポート

バー・ガールズバー開業の手続(書類作成・提出代行)を承ります。
実際にお店に訪問し、法律要件を満たしているかどうか確認し、お打ち合わせの上、手続を
行います。

要件の満たしているかの調査だけでなく、

書類作成から正確な図面の作成まで承ります。

    測量から図面作成も致します。

サポートについて

お客さまは時間や手間をかけずに許可申請や届出が可能です。

 初回相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。


次のページへ・・・ゲームセンターを始めたい

お問い合わせ