飲食店営業とは

飲食店営業許可とは

レストラン・喫茶店・らーめん屋・パン屋など食品を調理し、お客さんに飲食させる営業
を始めるには営業所の所在地を管轄する保健所を経由して都道府県知事の許可を受けなけれ
ばなりません。


調理とは(食品衛生法)

食品衛生法では

「摂食しうる状態に近くなった食品を変形したり他の食品を付加する、あるいは調味を
加えるなどして飲食に最も適するようにその食品に手を加え、そのまま摂食しうる
状態にする事で他の仲介業者の手を経ることなく、直接摂食消費する目的をもって
する事」。

と、定められています。
つまり、缶ジュースをそのまま提供する。カップラーメンを封を開けず、
そのまま提供する等は、食品衛生法の「調理」に該当しません。

しかし、カップラーメンにお湯を注ぐ行為については、保健所の協議が必要なケース
でしたので、曖昧な部分につきましては、管轄の保健所へ相談しましょう。

※注意:一度調理された食品を加熱し温め直す行為、カン、ペットボト
ルのジュースをコップに注ぐ行為なども調理とみなされます。


次のページ・・・申請先について

お問い合わせ