飲食店営業許可 許可に必要な設備

許可に必要な設備

飲食店許可を取得するには、営業所の施設基準が次の項目すべてを満たす必要があります。

① 住居等と区分すること。
② 不潔な場所でないこと。
③ 食品取扱量に応じた広さであること。
④ 天井:隙間がなく掃除しやすい構造であること。
⑤ 内側壁:床面から1.2m以上の高さまで耐水性材料で造られてること
⑥ 床:耐水性材料で排水が良好であること。
⑦ 明るさ:100ルクス以上であること。
⑧ フード付き換気扇:火気・蒸気に関係ある場所に設けること。
⑨ 排水溝:耐水性材料で掃除に便利であること。
⑩ ねずみ、昆虫の侵入を防止する設備を設けること。
窓には、網戸排水溝には金網等が必要。
⑪ 調理場と便所に専用の手洗い設備を設けること。
流水式で消毒薬品を備えること。
⑫ 飲用適の水を豊富に供給。(井戸水は水質検査が必要)
⑬ 食器戸棚・製品戸棚等は衛生的に保管できること。
⑭ ゴミ容器はフタ付きで、清掃しやすく、汚液や臭いが漏れないこと。
⑮ 清潔な専用作業衣、帽子などを備えること。
⑯ 衛生的な便所を設けること。
⑰ 温度計:冷蔵庫、冷凍庫に備えること。
⑱ 器具洗浄場:熱湯、蒸気等の消毒設備を設けること。
⑲ 食品添加物を使用する場合は専用の保管設備、計量器を備えること。

お店の種類によって、基準が異なります。事前にご確認ください。
例)魚介類販売の場合は、生食用魚介類専用のまな板、包丁を備えることが追加
されます。


次のページ・・・食品衛生責任者とは

お問い合わせ