介護事業申請サポート(自家用自動車の有償運送許可)

訪問介護員などによる自家用自動車の有償運送許可

有償運送とは、都道府県知事の指定を受けた介護事業者が行うサービスの一環で訪問介護員
などの自家用自動車の運送許可を取得することによって、利用者の送迎を一体となって行う
サービスです。

送迎・運送については、ケアプラン・介護給付費支給決定に基づくため、私用用途
(観光地・娯楽)としての輸送サービスはできません。

注意
自家用自動車の有償運送を取得するためには、訪問介護事業所などの指定を受け、
道路運送法第4条の介護タクシー事業(福祉輸送事業に限る)の許可を取得していなければ
なりません。

その他にも、一般乗用旅客自動車運送事業、特定旅客自動車運送事業でも構いません。

下記の区分による運送許可が必要です。


自家用自動車の有償運送事業を始める前提の許可

① 一般乗用旅客運送事業(福祉輸送限定)
・個人事業者であっても許可の取得が可能です。
・車両の台数は、1台から可能です。
・通院通所の移動だけでなく買い物や観光にも利用されます。
・利用者は、1人で公共機関の利用が困難な方です。
※付添い人の同伴は構いません。
・運送の引き受けは、営業所での電話依頼です。
・緑ナンバーを取得します。

*許可取得後、管轄消防庁へ『患者等搬送事業者認定表示制度』
申請を行い、認定されれば、コールセンターより、運送依頼
されるのも魅力の一つです。

② 特定旅客運送事業
・一度に複数の利用者を移送することができます。
・移送先は、特定の場所に限定されます。
(利用者の自宅・医療施設への送迎輸送に限定)
・介護指定事業者でなければできません。
・緑ナンバーを取得します。

③ 福祉有償運送
・NPO法人、医療法人、社会福祉法人などに限定されます。
(営利を目的とする法人、個人ではできません。)
・自治体の必要性の有無によって始められます。
・利用者は、1人で公共機関の利用が困難な方です。
(会員など、特定の人に限ります。)
・白ナンバーで行います。


審査基準・要件

自家用自動車であっても運転する訪問介護員などには、
運転者の資格要件が課されます。

【人的要件】

① 第2種免許保有の場合は、申請日前2年の間、無事故・無違反で運転
免許の停止処分を受けていないこと。

② 第1種免許のみの場合は、申請日前2年の間、無事故・無違反であり
指定される講習会を受講していること。

【車輌要件】

① 乗車定員、11人未満の自動車(軽を含む)であること
② 対人8000万円、対物200万円以上の任意保険加入
③ 車輌側面に「有償運送車両」の車輌表示をすること
④ 車内に運賃を掲示すること

以上のようなことが条件となりますが、管轄運輸局により多少の差異が
ありますので、事前の相談をお勧めします。


次のページへ・・・介護事業TOP

お問い合わせ