経営業務管理責任者

経営業務管理責任者

業務の管理責任者とは、経理や施工など業務面で特殊性が高い建設業にあって、
適正な経営を図るため、その知識経験を十分に有する人を経営管理の責任者として
あらかじめ配置していただくものです。

経営業務管理責任者とは、建設業の経営能力がある人です。


経営業務管理責任者の要件

個人事業主または法人の役員(監査役や合資会社の有限責任社員は含みません)が
下記いずれかの要件を満たすことが必要です。

① 許可を受けようとする業種の建設工事を行っている会社の常勤の
役員経験、または個人事業主としての経験が5年以上

② 許可を受けようとする業種以外の建設工事を行っている会社の
常勤の役員経験、または個人 事業主としての経験が7年以上

③ 許可を受けようとする業種で、経営業務の管理責任者に準ずる
地位にあって経営業務の補佐経験が7年以上

④ 常勤である必要があります
常勤であることを証明する書類を添付し、申請します。


経営業務管理責任者としての経験

営業取引上対外的に責任のある地位(法人の常勤役員(監査役や合資会社の有限責任

社員を除く)または、個人の事業主、登記された支配人建設業許可を受けた

支店及び営業所の長にあって、建設業の経営業務(見積・入札・契約・施工等)

について総合的に管理執行した経験をいいます。

単なる連絡所や工事施工に関する現場事務所、営業活動のみを行う
営業所等の長のような経験は、これに含まれません。

※当該経営業務管理責任者としての経験期間については継続した
工事実績があったことを証明
する必要があります。

これらが揃わないときは、経営管理を経験したことの証明ができない
ことになりますので、経営業務の管理責任者になることはできません。


次のページ・・・専任技術者とは

お問い合わせ