建設業許可 経営事項審査とは

建設業許可 経営事項審査とは

公共工事への入札参加を希望する建設業許可業者の方を対象にした施工能力等に関する
審査で、公共工事を発注者から直接、請負おうとする建設業者の方は、受審が義務付け
られております。

したがって、国や県、市町村などの公共工事への入札参加を希望する場合は、
経営事項審査」を受けなければなりません。

また、受注にあたっては、発注者と請負契約を締結する日の1年7月前の日の直後の
営業年度終了の日以降に経営事項審査を受けていなければなりません。
このため、常時公共工事を受注しようとする建設業者の方は、毎年、経営事項審査を受ける
ことが必要です。


次のページ・・・競争入札参加とは