建設業許可とは

建設業許可とは

建設工事の完成を請け負うことを目的とし、建設業を営もうとする場合
元請か下請また法人か個人であるかを問わず、建設業法の規定により建設業許可を取得
する必要があります。
(建設業法(以下「法」という)第3条第1項)

ただし、次のような軽微な工事(消費税を含む金額)のみを請負う場合、建設許可が不要です。

建設業の許可が不要なケース

工事一件の請負代金の額が建築一式工事以外の工事にあっては500万円未満の工事

建築一式工事にあって1500万円未満又は延べ面積が150㎡未満の木造住宅の工事


建設業許可取得のメリット

建設業許可取得により、下記のようなメリットが考えられます。

 500万円以上の工事が受注可能になります。
 営業先への品質アピールできます。
 金融機関への信用度UP 借入に高評価されます。
 公共工事を入札受注 前受金で資金繰りを円滑になります。


次のページ・・・建設業許可の種類

お問い合わせ