専任技術者とは

専任技術者とは

専任技術者は、適正かつ確実な施工を行うために工事の技術面を指揮総括する人です。
従って、国の定めた資格要件を満たした経験豊かな人材でなければなりません。

専任技術者とは、現場経験を積んだり、資格がある人材です。   

免許資格によって担当できる業種が異なります
なお、専任技術者は、その営業所に常勤である必要があります(社会保険等で確認)。

退職に限らず、事故や病気等で毎日出勤できなくなった状態では、常勤であるとは
言えません。

専任技術者を欠き、補充ができない場合は、許可を維持することができなくなります。
ご注意ください。


専任技術者の要件

公資格・免許等の所持者

専任技術者となり得る資格等は、許可業種ごとに限定列挙の形で定められています。

【実務経験】

① 許可を受けようとする建設業の工事について高校の関連学科卒業後5年以上の
実務経験者、大学の関連学科卒業後3年以上の実務経験者

② 許可を受けようとする建設業の工事について10年以上の実務経験を有する者

③ 上記と同等以上の知識、技術、技能がある者


次のページ・・・許可までの流れ

お問い合わせ