社団・財団法人の移行認可とは

移行認可とは  (特例民法法人から一般法人へ)

特例民法法人から一般社団(財団)法人へ移行することを移行認可といいます。


移行認可までの流れ

移行認可につきましては、各法人にて様々な態様がございます。
ここでは、移行認可までの流れの一例についてご説明致します。

1 次年度 予算書作成
2 事業区分に関する検討  (公益目的事業・収益事業)
3 会計基準の変更 平成16年度基準から平成20年度基準へ
4 事業費の配分に関する検討
5 公益目的支出計画の作成
6 定款案作成
7 理事会・総会にて決議
8 移行認可申請
9 認可後 登記申請

一般的に通常新会計基準にそった予算書等の作成をもって一度公益認定基準に適合するか
確認し、移行認可又は移行認定にするのかの検討を行います。

当該手続については、公益目的支出計画の作成が重要となりますが、これは事業区分を基に
行いますので、着手時には事業区分に関する検討が非常に重要になるかと思われます。

また、一度決めた事業費の配布基準につきましては、今後の事業運営でも継続して適用
することとなりますので同様に十分な検討が必要になります。


次のページ・・・移行認定について

お問い合わせ