社団法人、財団法人(公益法人)設立手続の流れ

設立について

新公益法人制度では、一般法人(設立)と公益法人(公益認定)が別個のものとなりました。

つまり、一般社団(財団)法人につきましては、設立の手続(登記手続等)
を踏めば容易に法人を設立することが可能となったということです。

いままで・・・

「NPOは設立に時間がかかる
任意団体として活動してきた」
「これから団体を法人という組織で作りたい

という方に法人化という選択肢が増えたことになります。


一般社団法人の設立の流れ

1 設立社員による定款の作成 役員等の選任
2 公証役場にて定款認証
3 設立理事による設立手続きの調査
4 代表理事が法定の期限内に、登記申請
5 設立手続き完了  各種届出
※2週間程度で設立することが可能です。

(一般社団法人 設立費用)

定款認証費用 5万2千円程度
登記費用   6万円

合計     約11万2千円


一般財団法人の設立の流れ

1 設立者が定款を作成 役員等の選任
2 公証役場にて定款認証
3 設立者が財産(総額300万円以上)の拠出
4 設立時理事による設立手続きの調査
5 代表理事が法定期限内に、登記申請
6 設立手続き完了 各種届出
※2週間程度で設立することが可能です。

(一般財団法人 設立費用)

定款認証費用 5万2千円程度
登記費用   6万円

合計     約11万2千円


次のページ・・・必要書類

お問い合わせ