新公益法人制度改革とは

新しい公益法人制度が始まりました。

2008年12月から新公益法人制度が始まりました。


これまでと何が変わったの?

   新制度の概要(社団・財団法人)

旧制度
「法人格の取得(登記)」「公益性の判断」「税制優遇」が一体
→ 設立自体とても困難なもの

新制度
一般社団(財団)法人
→ 登記のみで設立が可能・・・「法人格の取得」

公益社団(財団)法人
→ 一般社団(財団)法人が公益認定をうける
・・・「公益性の判断」
税制優遇


既存の社団・財団法人はどうなるの?

既存の法人(平成20年11月以前に設立された公益法人)については、
 平成25年11月30日までに一般社団(財団)又は公益社団(財団)
法人に移行する申請をしなければ「解散」となります。

既存法人の事務局の方におかれましては、お早目のご準備をお勧めします。

※移行申請をご希望の方についてはコチラ → 既存法人の方へ


次のページ・・・設立をご希望の方へ

お問い合わせ