石綿含有産業廃棄物とは(産業廃棄物収集運搬業の許可)

石綿含有産業廃棄物とは

  
  平成18年10月1日より、建設工事から発生する石綿を含む産業廃棄物について
  「石綿含有産業廃棄物」として扱うことになりました。

  石綿含有産業廃棄物とは、工作物(建築物を含む)の新築・解体・除去に伴って生じた
  産業廃棄物であって、石綿をその重量の0.1%を越えて含有するものを言います。
 (※特別管理産業廃棄物の「廃石綿等」は除きます。)

 

石綿含有産業廃棄物を扱うようにするには 

  石綿含有産業廃棄物を取扱うには、産業廃棄物処理業許可証の取扱品目に
 「石綿含有産業廃棄物を含む」と表記しなければなりません。

  平成18年10月1日より以前に産業廃棄物処理業の許可証をお持ちの方は、
  許可の更新の際、石綿含有産業廃棄物を扱う旨を書類に記します。

  平成18年10月1日以降に産業廃棄物処理業の許可を受ける事業者の
  方は、新規申請の際に、石綿含有産業廃棄物を扱う旨を書類に記します。

  現在の許可証に「石綿含有産業廃棄物を含む」と追加したい方は、管轄の自治体へ、
  変更許可申請をし、品目の変更許可を受けなければなりません。

  →許可証に石綿含有産業廃棄物を扱う旨を表記させます。

  許可証に石綿含有産業廃棄物を含むと表記されていない状態で、
  石綿含有産業廃棄物を運ぶことはできません。ご注意ください。

石綿含有産業廃棄物の収集運搬

 石綿含有産業廃棄物を収集運搬するには、下記の収集運搬基準があります。

  ① 他の産業廃棄物と混廃しないように運搬する。
  ② 破砕・変形しないように運搬する
  ③ 飛散しないように梱包又はシートがけを行う。
  ④ その他必要な措置を講じる。

 

次のページ・・・産業廃棄物処理業 TOPへ

お問い合わせ

  • 事務所所在地

    〒143-0016
    東京都大田区大森北1-23-6 日建ビル3階
    TEL:03-3738-0089/FAX:03-3768-0489

    JR京浜東北線 大森駅東口 徒歩7分

  • アクセスマップ