動物取扱業の登録

動物取扱業 登録

動物(ペット)を『販売』『保管』『貸出』『訓練』『展示』する
には行政窓口へ動物取扱業登録申請をし、登録を受けなければなりません。

動物取扱業

上記形態に該当する場合は、『動物取扱業』の登録が必要になります。

また、ペットショップで、トリミングを行うために、ペットを預かる場合
には、『販売』と『保管』の2つの業種を登録する必要があります。


登録するための要件

動物取扱業登録の申請にあたり、2点の条件をクリアする必要があります。

① 施設基準
一時的であっても、動物が生活するスペースになりますので、原則下記
の設備を用意する必要があります。

● ケージ
● 証明設備
● 給水設備
● 排水設備
● 洗浄設備
● 消毒設備
● 汚物、残さ等の集積設備
● 動物の死体の一時保管場所
● えさの保管設備
● 清掃設備
● 空調設備
● 遮光、風雨をさえぎる設備
● 訓練場(訓練業のみ)

※ 申請後は、管轄の担当職員の立ち入り検査が実施されます。
検査では、上記の設備がきちんと準備されているかの確認を行います。

② 動物取扱責任者の設置


登録申請にあたり、営業所毎に動物取扱責任者を設置しなければなりません。

動物取扱責任者になるには、下記のいずれかの要件を満たす必要があります。

● 半年以上の実務経験
(原則として動物取扱業の登録済場所での経験)
● 所定の学校の卒業
● 所定の資格


報酬・申請手数料について

動物取扱業(販売・貸出・展示・保管・訓練)報酬  ¥73,500~

※1動物取扱業申請手数料 1業種15,000円(東京都の場合)
以後1業種につき+10,000円

※2上記の他に証明書等の取得費用をご負担いただきます。


次のページへ・・・宅建業へ

お問い合わせ