風俗営業許可(風営法許可)から建設業許可、収集運搬業許可などの許可手続は、行政書士法人LINXへ

行政書士法人LINX

コンテンツ・メニュー

私達が対応します


  • 行政書士 大橋宏一朗

  • 行政書士 沓間 智彦
  • 私はチーム・マイナス6%です。

法人概要

〒143-0016
東京都大田区大森北 1-23-6
日建ビル3F
TEL: 03-3768-0089
FAX: 03-3768-0489

車庫証明 取り方書き方


  車庫証明は自動車(二輪を除く)を登録する際に「自動車の保管場所の確保等に関する法律
 (保管場所法)」で『車庫証明』を取ることが義務付けられているものです。


  登録自動車は「自動車保管場所証明書」、軽自動車は「自動車保管場所届出」のことを通常
  『車庫証明』と呼び、自動車の保管場所のある地域を管轄する警察署で手続きをします。




車庫証明の書き方


  【1 申請書の入手】


  車庫証明の申請用紙を入手します。用紙は警察署に行けばもらえますし、ディーラー等
  にもありますので知り合いの営業の方に頼んで分けてもらうのもいいでしょう。


  ただし、都道府県によって書式が異なることがありますし、申請書自体が有料だったりする
  こともありえます。




  【2 申請書の記入】


  4枚複写になっている用紙の以下の項目を車検証を見ながら記入します。


  ・車名
 (車検証と同じようにトヨタ、ニッサンなどとカナで記入します。)
  

  ・型式    ・車体番号    ・自動車の大きさ
  

  ・使用の本拠の位置
  (通常では住んでいるところの住所を書きます。)
  
  ・保管場所の位置
  (自宅車庫なら住所、別のところに駐車場を借りているならそこの住所を
   記入します。)
  

  ・「警察署長 殿」と書かれている直前に警察署の名前。
  

  ・申請者の住所、氏名及び申請書提出日の日付。
    印鑑は4枚すべてに。(認め印可)
  

  ・「自己単独所有・その他」
  (自宅車庫なら自己単独所有、借地や月極駐車場などの場合はその他にマルを付ける。)
  

  ・「自動車登録番号」
  (登録後にナンバーが変わる場合は記入しなくてもいいようです。)
  

  ・「連絡先」(昼間に連絡が取れる場所がいいでしょう。)




  【3 保管場所の所在図、配置図の作成】


  所在図に関しては市販の地図のコピーも認められるので枠内には「別紙参照」と書いて
  別に地図のコピーを添えれば簡単です。


  ただしこの場合でも使用の本拠と保管場所にマルを付けて直線距離がどれくらいかは書く
  必要があります。


  配置図は自分で書くしかありません。
  メジャーであちこち計りながら書いてください。




  【4-1 保管場所が自分の土地、建物の場合】


  保管場所使用権原疎明書面(自認書)に必要事項を記入します。




  【4-2 保管場所が他人の土地、建物の場合】


  保管場所使用承諾書を大家さんに書いてもらうか、月極駐車場などの場合で契約書があれば
  契約書のコピーを用意します。


  (契約書のコピーを使う場合は契約期間が残っていることを確認してください。
   契約が1年単位で自動更新になっていて契約書上の日付が過ぎてしまっている場合は
   駐車場の賃料の領収書のコピーを添えれば問題ありません。)


  ※警察署によっては契約書のコピーでは受け付けてくれないところがあります。
   その場合は保管場所使用承諾書を用意して下さい。




   【5 申請書類の提出】


  上記の2から4の書類と申請料を持って警察署へ。警察に着いたらまず交通安全協会
  (たいてい警察の敷地内にあります)へ行って車庫証明申請用に証紙を買います。


  買った証紙を2の書類に貼ったら車庫証明の窓口に提出。
  書類に不備がなければ「いついつ取りに来てください」と書かれた引換券のような書類
  を渡されます。


  ※警察署によっては口頭のみの場合もあります。




   【6 車庫証明の発行】
  

  お巡りさんが保管場所を確認して問題がなければ5で指定された日以降に車庫証明を
  受け取る
ことができます。


  ※実際は指定する車庫まで見に来ないことの方が多いようですが、初めて車庫証明を出す
   場所や、既に車庫証明車輌があり、台数が厳しい場合などがある場合、調査しに来る
   ようです。


  また、申請した駐車場所に別の車がとまっていたりするのを目撃される
  と申請が却下される可能性がありますのでご注意下さい。




完全サポート


  車庫証明に関わる手続き(書類作成・提出代行)を承ります。


  必要な書類をご郵送もしくはお持ち頂ければ当事務所で書類作成
  および提出代行を致します。



  お客様は、時間や手間をかけずに手続きが可能です。
  お見積、相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。


次のページへ・・・その他許認可TOPへ


お問い合わせ

私達が対応します


  • 行政書士 大橋宏一朗

  • 行政書士 沓間 智彦
  • 私はチーム・マイナス6%です。

法人概要

〒143-0016
東京都大田区大森北 1-23-6
日建ビル3F
TEL: 03-3768-0089
FAX: 03-3768-0489