相続のトラブル事例

相続トラブル事例

ここでは、相続においてよくあるトラブルについてご紹介致します。

事例1 相続人が行方不明

相続人のうち1名が行方不明である場合、遺産分割協議が行えません。

したがって、裁判所に申し立てることで、行方不明の相続人に代わって

財産管理人をたて、行方不明の相続人のかわりに財産を管理させます。

ただし、この選任には時間がかかるため、相続財産が分割できず困りました。

【対処法】

→ 遺言書にて分割内容と遺言執行者を定めておく


事例2 相続放棄

被相続人・・・父  父には兄弟が3人いる

母と息子が相続人となったが、相続財産はすべて母に譲りたいと息子は

考えます。そこで息子は裁判所に相続放棄の手続きをしました。

 相続放棄・・裁判所に申し立て、最初から相続人ではなかったことにする

息子が相続人ではなかったことになったので、母と父の兄弟が相続人と
なることになった。兄弟にも法定相続分の相続権が発生。

【対処法】

→ 息子と母は遺産分割協議にて相続分を決めるべきでした


事例3 相続財産が不動産のみ

父・・・遺言なし  相続人は子供3人兄弟

相続財産が実家(不動産)のみで、実家については長男が相続したいと考えている。
しかし、二男・三男については、法定相続分が認められているので、家は長男が相続する分
現金にて二男・三男に法定相続分を支払うことになったが、長男は現金があまりないため
困ってしまった。

対処法

→  遺言書で長男に相続させる旨を記載

※二男・三男は遺留分の請求にとどまる(法定相続分の1/2)

父が生命保険などを活用して、あらかじめ長男のために現金を用意

※生命保険の保険金は受取人の固有の財産となるため


次のページ・・・遺言書作成の流れ

お問い合わせ