任意後見制度と遺言

任意後見制度と遺言

 すべてのサポートを承ります。

任意後見制度は、原則として判断能力が不十分となった後からお亡くなりになるまでの
お手続きを代理する制度ですが、当該制度と遺言を組み合わせることで、判断能力が
不十分になった時
お亡くなりになった後のお手続、さらには遺言の執行までと一連の
お手続きを信頼できる任意の方に託すことができます。

1 任意後見契約
2 死後事務委任契約
3 遺言 遺言執行人として選任


次のページへ・・・相続ページTOPへ

お問い合わせ