遺言書、書き方(遺言書の種類)

遺言書の種類

遺言書については、代表的なもので3種類ご紹介します。

1 自筆証書遺言:自筆で作成
2 秘密証書遺言:公証役場にて公証する 遺言内容については対象外
3 公正証書遺言:公正役場にて公証する 遺言内容についても対象

遺言書には、その内容によって、様々な作成方法があります。
ご事情によって適正なものを選択する必要があります。


1:自筆証書遺言とは

被相続人が直筆にて作成し、保管する遺言

 メリット
○ 作成が手軽で費用がかからない

デメリット
● 作成方法に不備があった場合 遺言が無効になる可能性がある
● 紛失・盗難の危険性
● 相続が発生した場合、裁判所の検認手続きが必要


2:秘密証書遺言とは

被相続人が遺言内容を作成し、公証役場にて保管

 メリット
○ 紛失・盗難の心配がない
○ 財産額による作成費用の変動の心配がない

 デメリット
● 内容に不備があった場合 遺言が無効になる可能性がある
● 相続が発生した場合、裁判所の検認手続きが必要


3:公正証書遺言とは

公証役場にて事前に公証人と打ち合わせ、公証後は公証役場にて保管

メリット
○ 公証人との打ち合わせにより、内容が法的に適正である。
○ 紛失・盗難の心配がない
○ 相続が発生した場合、にも裁判所の検認手続きが不要

 デメリット
● 財産額に応じた費用が発生する


次のページ・・・遺言の注意点

お問い合わせ